検索
  • 五十嵐 綾

自分では見えない自分。

母が撮ってくれた娘と私のうしろ姿。


実家の家族から、娘の歩き方が私にそっくり説(私が内股なもので)が浮上していたものの、『赤ちゃんなんてみんなこんなかんじなんじゃないの?』なんて言っていたわけです。ですが…こうして証拠写真を示されると、なるほど同じ格好である(笑)


ひとことに『自分』といっても、実はとっても奥が深く。


①自分だけが知っている自分

②自分と他人が共通して認識している自分

③他人だけに見えている自分

④自分も他人も知らない自分


この写真はまさしく③であったわけですが、今回②に昇格した事例です(笑)


実は、こうして自分というものの認識を②に寄せていくことで、人間関係や生き方が楽になっていきます。


①を②にするということは、自己開示をするっていうわけですね。理解者が増えるかもしれません。


③を②にするには、他人の視点をお借りして自分を客観視することです。


④というのは、新しい経験や出会いから発掘されます。その瞬間に①~③のどれかには昇格しますよね。


外見のことなら、こうして写真1枚で済む場合もありますが…さて、内面のこととなるとどうしたらいいのでしょう?


はいっ!おまかせください( ̄▽ ̄)b

リュッシャーカラーテストは、いわば心の写真を撮ってくれるテストです。まったく知らなかった自分に出会えるかもしれません。


なんかモヤモヤするなー。生き辛さを感じるなーという人は、心のレントゲンを一度撮ってみるといいかもしれませんね♪


0回の閲覧
  • くるーるくーるFBページ
  • くるーるくーるインスタ