検索
  • 五十嵐 綾

光には影がつきもの。

今日は、なんか思ったことをツラツラしたためたいと思います~。


写真は、とあるお寺に貼られて話題になった言葉らしいです。


一人でいると孤独感

二人でいると劣等感

三人でいると疎外感


うわー。なんか…どきり( ̄▽ ̄;)


私は三人姉妹の長女なもので、ひとりっ子もふたりっ子も三人っ子も経験していて。

あとは、長~い独身時代→約5年の夫婦だけの期間→三人家族になってまもなく1年半…という、違う意味の1.2.3も持ち合わせてます(笑)


まぁ確かに当てはまることもあって。


ひとりっ子時代はあまり記憶がないですが…

ふたりっ子の時は、良くも悪くも私を見て覚えて、なんでもサクッと器用にこなす妹に劣等感は正直ありましたよね~。


三人になったら、立場は下のふたりが『ちびっこ』で私は『お姉ちゃん』。呼び方も私だけ名前ではなくて『お姉ちゃん』でしたし。ちなみに末っ子と5歳差で、私だって端から見たら5歳のちびっこだったんですけどね(笑)当時はその別格なかんじがさみしいといいますか。


それは、結婚にまつわることも同じで。


ひとりでおばあちゃんになるのか~(  ̄▽ ̄)と思っていた独身時代。

結婚したらしたで、家事が超得意な夫にダメ妻っぷりが申し訳なくなっちゃったり( ̄▽ ̄;)

娘が生まれたら、一時社会から切り離されたかんじがして焦ったり((((;゜Д゜)))


ですが、すべてのものごとには絶対に正反対の性質があるんですよね。


一人でいる充実感

二人でいる安心感

三人でいる連帯感


これはこれで確かにあるんですよね!


一人ならいろんな縛りが緩い。時間もお金も。

二人いたら、全部を背負う必要がない。苦手なことは助け合えばいいじゃない。

三人になったら、一人や二人じゃつまんないことが、みんなで楽しくできるようになる。たとえば…ババ抜きとか?(笑)


なので、何がいいとか悪いとかはなくて、解釈の問題なんですよね。事象に光と影は絶対にあるんだけど、あなたがどの部分を大切にするのかということ。


色にも、ちゃんと光と影があります。


私がこよなく愛する『ブラウン』は、"誠実"とか"自然志向"とか、なんかかっこよさげな意味もあるのですが…"頭が固くて融通がきかない"とか"野暮ったい"という意味も…。


ふふふ。よく見てください!言い方が違うだけでなんか同じ側面を言ってますよね(笑)どちらも、『思いがめっちゃ真っ直ぐで、洗練されたかんじはニガテ』ということです。


なので、かっこいい方の解釈を大切にしながらも、世の中にはマイナスに受け取る人もいるということを頭の片隅に置きつつ、真っ直ぐにブラウンLOVEでございます(笑)


各色のダークな一面を知るのも、なかなか楽しいですよ(*^^*)それはまた、次の機会に♪



22回の閲覧
  • くるーるくーるFBページ
  • くるーるくーるインスタ