検索
  • 五十嵐 綾

人間関係は"グレー"が心地よい?

今朝読んでいた、とある記事に書いてありました。『白黒はっきりつけないのが良好な人間関係構築のコツ』と。そうそう、色ってうまいことできてるなーなんて思いながら読んでました。

要するに…グレー。やんわり主張せず平和なかんじってこと?ムリムリ(ヾノ・ω・`)…と思ったあなた。自分を殺せということではないのでご安心を(笑)

私にも経験があるのですが…。

この人の話を聞いているとなんだか気分が曇るなー。確かに間違ったことは言ってないんだけど…なんだかなー( ̄▽ ̄;)

みたいなことってありませんか?

それって、話す側が勝手に物事に『白黒』つけちゃっているからなんですよね。『私が正しくてあなたは間違っている』『私の方が良くてあなたの方が劣っている』みたいな。だから、受ける方は一方的に否定されている感覚で気分が曇るわけです。

Aさん:うちは子供に『お父さんお母さん』って呼ばせることにしたんだ~。

Bさん:えーっ。なんで?『パパママ』のほうが早く言えるようになるし絶対楽じゃん。

Cさん:へーっ(*^^*)Aさんのところは『お父さんお母さん』にしたんだね~。うちは呼びやすさ重視で『パパママ』にしたんだけどさ♪

Bさんが『白黒さん』で、Cさんが『グレーさん』。グレーさんって、決して何も言わない透明人間になるわけではなくて、ちゃんと自分の価値観も主張はするんですけど、相手の価値観を否定することなく『あなたはあなた、私は私』って尊重できる人なんですよね。だから、考え方が違う相手であっても話していて楽しいのです。

身近にいる、そつなく大人しそうに見えるグレーさんは、意外とやり手なのかもしれません(笑)

0回の閲覧
  • くるーるくーるFBページ
  • くるーるくーるインスタ